解体・リフォーム・改修事業者ためのアスベスト情報サイト

解体・リフォーム・改修事業者ためのアスベスト情報ナビ

「工作物」についてアスベスト調査の有資格者制度が創設されます

  • 投稿日:
  • 最終更新日:

規制が強まっていく石綿対策

令和2(2020)年の石綿則・大防法改正により石綿対策の規制強化が行われました。

特に令和4(2022)年4月1日に施行された事前調査結果の電子報告の義務化や、令和5(2023)年10月1日に施行された有資格者による建築物の事前調査の義務化への対応については、施行までの環境づくりに尽力された方も多いのではないのでしょうか。

工作物石綿事前調査者講習がスタートします。

工作物についても、事前調査を行う必要はあります。また、一部の工作物について、調査結果を報告する対象にもなっています。一方で、事前調査を行う者に、資格は必要ありませんでした。

一部の工作物の事前調査については、建築物とは異なる専門的知識が要求されることから、法改正により工作物有資格者制度が創設され、令和8(2026)年1月1日に義務化されます。

対象となる工作物の事前調査をするには、義務化される前に資格を取得する必要があります。

▼動画でも解説!

工作物における石綿法令対応のセミナーを実施します!

建築物石綿含有建材調査者講習でも4万人以上の修了者を輩出した実績を持つCERSIも工作物石綿事前調査者講習を実施します。

★最新講習情報の受け取りフォームはこちら

「工作物講習の受講対象者に自分が当てはまるのか?」

「建築物と工作物の違いが知りたい!」

「建築物石綿含有建材調査者の資格でも一部対応できるって聞いたけど本当?」

資格の必要性を検討するにあたっての疑問にすべて答えます!

まずは、セミナーに参加して工作物における石綿対策をまるっと理解しましょう!

セミナーの詳細の確認・お申込みは下記の画像をクリック!

工作物における石綿法令対応を解説!

お申込みはこちらからでも!(Zoomの申込ページが開きます)

この記事に関連する記事