解体・リフォーム・改修事業者ためのアスベスト情報サイト

解体・リフォーム・改修事業者ためのアスベスト情報ナビ

【5分でわかる】アスベスト対策の基本のキ!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:

「なんか、アスベスト関係の資格が必要らしい?!」

「アスベスト対策やってないと、仕事が無くなるってよ!?」

そんな気づきが生まれたら、まずはこのページをご覧ください!

▼動画解説はこちらから

 

これでわかる!6つの基本ポイント

1 石綿とアスベストは言い方が違うだけでまったく同じ

石綿(いしわた/せきめん)やアスベストと言い方は様々ですがすべて同じものを指します。

石綿に関する規制だからアスベストは対象外と思っていた!と思った方はこれからきちんと対策していきましょう!

2 アスベストは細かいものを吸い込むとキケン

工業的に製造された建材の多くに、石綿繊維は数%~練り込まれていました。

飛び散って吸い込むと、「肺がん」や「中皮腫」という病気を引き起こすことが分かっています。

少量のばく露でも発症する恐れがあり、また発症までに時間がかかります。

3 2006年までに製造中止、それより前の建材にアスベストは含まれている

正確には、2006年9月1日以降に着工した建物については、一切使用されていない!と判断できます。

それより前の建材についてはアスベストが含まれていると疑わなければいけません。

当時の法律では法規制の対象外だった建材でも、現在の法律に当てはめた場合に対象となる建材もありますので注意が必要です。

4 調査をちゃんとやるように、ルール強化された
調査の強化

・古い建物(2006年8月以前に着工物件)に天井/壁に穴をあけるだけであっても

「建築物石綿含有建材調査者」の国家資格保持者が現場に行っての厳格な調査が必要となりました。

報告の強化

・解体工事なら、80㎡以上

・その他工事(リフォームなど)なら、受注額で税込100万円以上

➡上記に当てはまる場合、元請け業者は着工前に調査結果の電子報告が義務化されています!

※よく勘違いされるのですが調査の結果、石綿が無いことがわかった場合はもちろん、新しい物件の場合でも電子報告は必要です!

※報告しないと直接罰も設定されています。

5 アスベスト無しを証明できないなら、対策を

建材ごとに/製造メーカーを特定しなければ、石綿が含まれないと判断はできません。

含有が不明な場合、「石綿ありとみなし」て施工はOKですが、「無しとみなし」は違法です。

6 調査も対策も、ばっちり記録を取ることまで法律

調査結果の書類、発注者(お施主様)への説明、石綿あり(みなしも含む)の現場での対策写真などの実施も法律で定められました。

また書類を作成し保存すること(最長40年)まで義務化されているので、記録が無ければ対応していない!と判断されます。

「そんな大変なことばかり、どうしたらいいの?」に答える解決策を提示します!

 

対応ができているかチャートで確認!

 

石綿対応関連の法令の対応ができているか確認しましょう。

A 業界最大手のCERSIは、全国の主要都市で調査者講習を定期開催

➡業界最大手のCERSIは、全国の主要都市で調査者講習を定期開催中!

石綿含有建材調査者講習の受講者が4万人を突破いたしました。

実務経験が足らず受講資格を満たせていない方は先にCの主任者講習の受講をおすすめしております。

 

B 電子報告システムは政府の特設ページから!GビズIDが必要です

https://www.ishiwata-houkoku.mhlw.go.jp/shinsei/

★EのUNI-PORTを導入すれば、情報入力の二度手間は解消できます!

C CERSIは、全国の主要都市で主任者講習を定期開催

➡主任者講習をを受けるとAの調査者講習の受験資格を満たせるので石綿業務を始めたばかりの人はまずこちらから!
調査者と合わせての申込みも可能です!

石綿作業主任者技能講習

D ユニバースの特別教育なら、特別教育が社内で実施できます

➡累計受講者数2000名以上!ユニバースならではの分かりやすさを
保証します。

石綿取扱作業従事者の特別教育の受講は義務です。

E UNI-PORTが、適法に石綿管理を行う手間をまるっと解決します

➡書類作成が簡単に早くできると大好評!

石綿管理クラウドシステムUNIPORTはら書類の管理が楽々

 

まとめ

みなさんは石綿対応どこまでできていましたか?
できていなかったところがあった方は1つずつ対応していき法令順守ができている状態を目指していきましょう!

※このコラムは、CERSIが監修していますが、概要を【5分でわかる】コンセプトで作成しているため、一般化した表現を用いて、個別具体的な状況においては例外もあり得ることをご了承ください。

おすすめ記事

この記事に関連する記事